モノとモノを分離させる NIPPON MAGNETICS

沿革

昭和18年 4月服巻太郎が服巻鉄工所を創業。主に海軍兵器部の下請加工に従事。
昭和19年 9月第2次世界大戦後、製麺機械を製作販売。
昭和22年 4月マグネット製品、製造販売。
昭和38年 4月大阪営業所開設。 初代所長に服巻慶治。
昭和46年12月初代社長、服巻太郎死去。 長男、服巻康栄が後継。
昭和47年 4月株式会社服巻機械製作所に改組。
昭和58年 7月日本マグネティックス株式会社を設立し、株式会社服巻機械製作所よりマグネット部門を独立分離。初代社長に服巻慶治就任。
昭和62年 4月東京営業所を開設。
昭和63年12月アメリカ、ロサンゼルスに子会社 NIPPON MAGNETICS USA, INC.設立。 資本金 $50,000、代表取締役に服巻慶治。実務は三男、服巻賢時が担当。
平成 2年 9月製造部門が、マグネット製造株式会社として独立。資本金1,000万円、代表取締役に服巻敏子就任。
平成 3年 4月名古屋営業所開設。
平成 4年11月現在地に新工場完成と同時に、旧所在地筑紫野市より、本社及び工場を移転。
平成 8年12月増資 資本金3,000万円。
平成13年 8月販売部門の日本マグネティックス株式会社と、製造部門のマグネット製造株式会社を統合し、日本マグネティックス株式会社とする。
平成17年12月第2工場竣工。
平成22年10月第3工場竣工。
PAGETOP
Copyright © 日本マグネティックス株式会社 All Rights Reserved.